歯を病気から守る方法まとめ、プロテクトゥース

歯を病気から守る方法まとめ、プロテクトゥース

歯を病気から守る方法まとめ、プロテクトゥース

 

当サイトプロテクトゥースでは歯を病気から守る方法をまとめています。

 

 

むし歯や歯槽膿漏を予防するにはどうしたらよいか?これら口の病気の原因の大部分は、細菌による感染症だといわれています。つまり細菌の寄り付かない丈夫な体をつくることと、なるべく細菌を体に取り込まないようにすることが大事になってきます。そのためにはどういった工夫が必要か?歯の病気を予防する3原則を考えていきます。

 

口の中の細菌の数を減らすこと

 

口の中には300から700種類の細菌が存在し、歯をあまり磨かない人の口の中には、4000から6000億個の数が存在しているといわれています。細菌は歯や歯ぐきの表面で繁殖して歯を溶かす酸を生み出したり、出血の原因となったりしています。歯ブラシやうがいを行うことにより、細菌の数を減らして歯や歯ぐきの病気の予防をすることができます。歯ブラシは食後3回3分間行うことがよいとされ、とくに夜寝る前の歯ブラシは重要だと考えられています。歯ブラシの後のうがいも効果的です。

 

体の抵抗力を高める

 

普段から生活リズムを整えて、偏食をなくし適度にストレスを解消することが、歯や歯ぐきの病気の予防につながります。体の調子がよくなり抵抗力が高まると、細菌は歯や歯ぐきの表面に定着しにくくなり、結果として細菌が増えにくくなります。適度な運動を行うことも、カルシウムやリンを利用して骨や歯の質を高めるようになるため、口の病気の予防につながります。

 

 

.歯の質を改善する

 

歯の質を高める方法として、フッ素を利用することがあげられます。高濃度のフッ素は、歯科医院で予防的に塗布することができます。また、最近は歯磨き粉の中にもフッ素が多く含まれているものが販売されています。何をどのように使ったらよいか疑問を感じたら、かかりつけの歯医者さんに相談した方が望ましいです。カルシウムやリンを多く含む魚介類や乳製品を食べることも、歯の質を高めてむし歯や歯槽膿漏になりにくい体を作ることもいわれています。

 

これらの3原則は、いずれも一つだけ行えばよいというものではありません。体に良いといわれていることはいろいろ試していくことが、さまざまな病気を予防する最善の方法だということを覚えておきましょう。

 

 

プレミアムブラントゥースの口コミと効果の違い